3月からの配送サービスに関するお知らせ

海外発送/国際配送サービスの転送コム
【HIS-FACTORY】合切袋-ottone-/ナッパレザー(バタラッシー・カルロ)

藤巻百貨店の2019年は「合切袋」から始まる!
革とバッグをこだわり尽くした男のスペシャルアイテム、追加生産決定!

【HIS-FACTORY】合切袋-ottone-/ナッパレザー(バタラッシー・カルロ)

■別注合切袋を探したらたどり着いた意外な人物
きっかけは、自分で使おうと思って探したことだった。和装を着る趣味のある「HIS-FACTORY」中野克彦氏は和装に合うバッグ=合切袋だろうと伝統的なものから現代風のアイテムまで方々見て回ったが、どうもしっくりこない。「やっぱり、普段自分のバッグに使っているような革が好きなんだよね。だから今回も『自分で作るか』って思ったの。HIS-FACTORYのアイテムはだいたいそうやって始まるんだけどさ」と中野氏は笑顔で完成した合切袋を見せてくれた。頑丈なトートやブリーフを得意とするHIS-FACTORYが合切袋を作っていたとは意外だったが、実は数年前からひっそりとオーダーを受け付けていたそう。しかし、そもそも合切袋は他ブランドを含めて通なアイテムということもあり、HIS-FACTORYの中でも知る人ぞ知る逸品だった。折しも、藤巻百貨店ではこういったバッグメーカーが合切袋を作ったらどうなるのか見てみたいと考え、別注プロジェクトが立ち上がったタイミング。運命が2社を引き合わせたのか? 中野さん、藤巻百貨店の合切袋を作ってください!

【HIS-FACTORY】合切袋-ottone-/ナッパレザー(バタラッシー・カルロ)

■バダラッシー・カルロのエイジングが第一のキモ
中野氏が自分で作る上で最もこだわったのは、アイテムの素材だ。暖かみを感じるシボと、オイル感のあるタッチがたまらないミネルバボックスにするか。それともトートや革小物のメイン素材として多用する、表面に傷をつけて独特な風合いを生んだ「プエブロ」にするか。他のアイテムで頻繁に選ぶそれらの革を抑え、悩んだ末に出した答えは「ナッパ」。先述の2つの革と同じく、イタリアの名門タンナーであるバダラッシー・カルロ社が手掛けるベジタブルタンニングレザーである。「合切袋は俺がいつも作っているバッグみたいにガチっとした頑丈さよりも、しなやかさが大事なんじゃないかな。であればナッパはちょうどいい厚さで求める風合いにピッタリだし、ミネルバボックスとほぼ同様のエイジングが起こる。作った瞬間に『これしかない』って思った。このブルーもここの革でしか出せない色なんだ」(中野氏)。約30年に渡りバッグ作りに携わってきた中野氏がこだわるイタリアンレザーと、ものとしての作りの良さ。その眼と手で完成した合切袋は、日本では中野氏しか実現できないと言える。

【HIS-FACTORY】合切袋-ottone-/ナッパレザー(バタラッシー・カルロ)

■合切袋といえばの「あの」部品を、真鍮で型からオーダー!?
なぜそこまで断言できるのかというと、レザーのほかにもう一つ、こだわりがあるから。合切袋には紐と本体をつなげる特殊な部品があり、通常はプラスチック素材が使われている。中野氏は「バタラッシー・カルロの美しいエイジングに合うのは、やはり経年変化が魅力の金属である真鍮」と部材屋を探したものの、世に存在しないことが判明する。それなら自分で作ってしまえと、同じ墨田区の鋳造メーカー「東日本金属」の小林亮太氏の力を借りることに。初めて見る真鍮金具作りは、中野氏にとって驚きの連続だったという。このためだけに本体の型を作り、それをもとに砂型を起こし、凹みに液状の金属を流し込んでいく。ひとつひとつ人海戦術で行われる工程に、まさかここまで手作りかと衝撃を受けた。「ここは本当に昔ながらのやり方で真鍮部品を鋳造していて、自分もこれに見合うアイテムを作らなくてはと襟を正された」(中野氏)。

【HIS-FACTORY】合切袋-ottone-/ナッパレザー(バタラッシー・カルロ)

■紐まで革! イタリア革と真鍮の競演をその名に込めて
連結している部品をひとつひとつ外し、バリを取り、磨き上げる。革ひもの滑りが悪くならないように穴の中も丁寧に削り込む。こうして、黄銅色に輝く合切袋専用金具がようやく完成する。その後、中野氏がハンマーでカツンと真鍮釘を打ち付けながら、一個一個取り付けていく。金具の穴に合わせて、縫製できるギリギリまで細くした革紐も見ものだ。同革で革紐をこしらえるのは、他の合切袋では考えられないポイント。紐も本体も使い続けることでナッパレザーの明るいブルーがどんどん落ち着いていき、ツヤがさらに増していく。真鍮金具も同様に、徐々にくすみが増し渋好みの風合いに変化する。中野氏は、こういったものにどうしても惹かれてしまうのだ。中野氏の熱い思いと東日本金属の伝統技術の賜物は、今回の合切袋の特徴の一つという意味を込め、アイテムに「ottone」(イタリア語で真鍮の意味)の名を選んだ。

【HIS-FACTORY】合切袋-ottone-/ナッパレザー(バタラッシー・カルロ)

■2019年元旦に即日完売した合切袋、30点限定で追加生産!
そして藤巻百貨店のユーザーの多くも、エイジングされたレザーや真鍮はきっと大好物なはず。和装をきっかけに作ったものだから、初詣やお祭りで和装をする際には大活躍するし、ご祝儀が入る大きさなので和装で結婚式に出る際もOK。他にはない重厚さは高級な和服にも負けない存在感を発揮する。お稽古ごとの師匠への贈りものにもふさわしい。また普段着やビジネスにもぜひ取り入れてほしい。財布・携帯・名刺入れ・B6の手帳などはしっかり収納できるので、現在、世を席巻中の「ミニバッグ」のバリエーションの一つとして、小粋に手に提げいただきたい。細かく仕様を変更したこの別注仕様の合切袋、初回生産分が即日完売した後も、沢山のお声をいただき次回、30点追加生産が決定!。2019年は、イタリアンレザー×和アイテムが融合したとびきりのアイテムを選ぼうではないか。

合切袋

【HIS-FACTORY】合切袋-ottone-/ナッパレザー(バタラッシー・カルロ)

30,240円(税込)
送料: 通常配送 637円(税込)  詳細
発送: 2019年5月下旬より随時発送の予定(場合によっては発送が早まる可能性もございます)  詳細
ご購入数:
カラー  

カートに追加されました。

お買い物を続ける

カートへ進む

エラーです。

閉じる

カートへ進む

実店舗の在庫を確認する

<銀座店>

※店舗の在庫は正確ではない場合がございます。
詳細は銀座店までお問い合わせください。

<富山店>

※店舗の在庫は正確ではない場合がございます。
詳細は富山店までお問い合わせください。

ディテール

真鍮金具製作シーン

使用イメージ

アイテム詳細

仕様:内部にオープンポケット×2
素材:牛革(バタラッシー・カルロ社製ナッパレザー)、真鍮
サイズ:H25cm×W18cm×D5cm(底マチ)

日本製

このアイテムのレビュー

みんなのおすすめ度

(星 5.00)

おすすめ度
2019/03/06 20:03:51
おすすめ度
2019/02/23 13:38:39
おすすめ度
2019/01/27 18:48:32
おすすめ度
2019/01/17 10:10:32
おすすめ度
2019/01/16 19:26:09

このアイテムを見ている人は、こんなアイテムを見ています

このアイテムのレビューを投稿する レビューとは?

レビューを投稿するには ログインしてください。

TOPへ戻る