公式アプリ

海外発送/国際配送サービスの転送コム

「黄綬褒章」などの章典を授与される熟練の職人たちを擁し、その高い技術力で意匠性に溢れた製品作りを展開。歴史的建造物の装飾ガラスにも携わるなど、名実共に工芸ガラスの先駆者として世に知られる「上越クリスタル硝子」。今回、器の芸術品と評される工芸グラスシリーズから、山野の風情漂うジャポニズムグラスが登場する。

歴史建造物の装飾ガラスを手掛ける独創的な意匠性が愛好家を魅了

歴史建造物の装飾ガラスを手掛ける
独創的な意匠性が愛好家を魅了

1905(明治38)年、創業者・倉田昌三氏によって設立された「東洋計器」を前身に持つ「上越クリスタル硝子」。創業以来110年に渡り工芸ガラスの先駆者として、一貫して手作りによるガラス製造を続けている。今や食器、インテリアから建材まで、様々なガラス製品を自社工場で製造。黄綬褒章や卓越技能章などを受章した熟練の職人を数多く輩出し、その卓越した技術力で、皇居新宮殿の照明用ガラスや帝国ホテルの光壁、中尊寺金色堂の装飾用ガラスビーズや赤坂迎賓館のシャンデリアガラスの復元など、多くの歴史的建造物に携わってきた。同社製品で空前の大ヒットとなった、虹色に美しく光輝く「パールシリーズ」は、その芸術性が各国のガラス愛好家の目に留まり、日本の工芸ガラス製品が持つ意匠を世界へと知らしめ、日本製ガラス製品の国内外への普及に大きく貢献した。

黄綬褒章や卓越技能章を有する熟練の硝子職人を数多く輩出

黄綬褒章や卓越技能章を有する
熟練の硝子職人を数多く輩出

3代目倉田善弘氏(写真)が「我々の誇りは、優秀な職人さんを数多く生み出したことです。彼等は世界に誇る素晴らしい仕事をしてくれました」と語るように、前段のような輝かしい実績における花形は、やはり職人達である。同社には技術の開発、伝承が一連の流れとして根付いており、100年の歴史の中でその研鑽を積んできた。全国の職人の中から「現代の名工」として選出された人物に贈られる「卓越技能章」や「黄綬褒章」を受章した職人を数多く輩出していることからも、いかに職人の技術力に重きを置いているかが分かるだろう。宙吹きや型吹き成型の各工程でそれぞれ高い技術を持つ職人を集めてチームを組むことで、匠の技の集合体を作り上げ、最高レベルの製品を生み出しているのだ。

美しい情景が描かれた夕映えの山と、幻想的な黄金ホタル

美しい情景が描かれた
夕映えの山と、幻想的な黄金ホタル

「上越クリスタル硝子」が誇る、熟練の職人の手によるガラスの加工技術が目を見張る工芸ガラス製品だが、今回登場する「夕焼けのやま」と「ホタル」は、工芸ガラス作品を媒介に、心象風景の世界を創作するデザイナー・室伸一氏によって生み出された。「夕焼けのやま」の、グラスの底からそびえ立つのは、どこか懐かしく心穏やかにしてくれる故郷の山。ビールを注ぐと空一面が朱色に染まり、美しい夕焼けの情景が浮かび上がる。一方「ホタル」に描かれた青い水と水辺の草が美しい月夜野の川辺の情景は、黒ビールを注ぐと、初夏の月夜野の闇夜を彩るホタルが飛び交う幻想的な装いに。どちらもユーモア溢れる抒情的な作りで、伝統の技を受け継ぐ職人の技が、デフォルメしてもなお美しい月夜野の原風景を彩っている。

自然美を愛でるアートグラスが食卓に華やぎとぬくもりを

自然美を愛でるアートグラスが
食卓に華やぎとぬくもりを

日本屈指と言える高い技術力で、創意工夫を凝らしたデザイナーの世界観をガラス工芸に映し込む上越クリスタルの製品。月夜野クラフトビールを提供するレストランの専用グラスとして開発された「夕焼けのやま」と「ホタル」だが、日本の原風景が描かれたアート性の高いノスタルジックな情景が評判を呼んで一般販売されたそう。家飲みで、乾杯の前に注ぐ一杯。商品が持つストーリーと共に、ビールに舌鼓を打つひとときを目でも楽しませてくれるのがこちらのアイテムは、ウィットの効いた遊び心溢れる贈答品としてもおすすめしたい。

お取扱いアイテム
TOPへ戻る