海外発送/国際配送サービスの転送コム
【但野硝子加工所】スカル ぐい呑み

緻密な大胆なデザインと重厚感が異空間へいざなう
ドクロ文様がスタイリッシュな江戸切子のぐい呑み

【但野硝子加工所】スカル ぐい呑み

■クリスタルに刻まれる鮮烈なドクロ
目を奪われるというのはこういうことだ。クリスタルガラスに刻まれた耀きの渦に、たゆたう漆黒。よく見るとスカル(ドクロ)の横顔がデザインされている。東京江東区に工房を構える但野硝子加工所の江戸切子。作家・但野英芳氏の圧倒的な技術で刻まれた江戸切子は、繊細かつ華麗。伝統的な切子の文様を用いながらも、江戸切子では非常に珍しいシンメトリーではないデザインが新鮮かつ強烈な印象を残す。彼の作品の多くが植物、動物など自然のものをモチーフにする中、異彩を放っているのがこのぐい飲みだ。一見するとそれがスカルということに気づかない。しかし、その目に写りこんだ風景を一度覗き見ると、まるで吸い込まれるように目が離せなくなる。

【但野硝子加工所】スカル ぐい呑み

■建築家出身、気鋭の作家但野英芳氏
但野氏の現代的なデザインと緻密な手仕事には、ルーツがあった。「父が江戸切子作家で、幼少時代から江戸切子は身近な存在でしたが、じつは全く興味がありませんでした」(但野氏)。建築の道に進み、設計事務所に就職。建築物のデザインをひく毎日を送っていたある時、父がコンクール用に作った江戸切子の輝きを目の当たりにする。同じものがふたつとない、ものづくりの素晴らしさを知り、会社を辞めて父のもとへ弟子入りした。しかし、ただ「伝統工芸を継ぐ」という意思はなかった。伝えるだけでは新しいものはできない。但野氏は自分が表現したいものを形作る方法として、切子を選んだ。

■滑らかなカーブを描くアシンメトリー構図
グラスの切り出しよりもデザイン案を考えるほうにより時間を掛けるという但野氏。自分が形にしたいものを実現するために、今までにないカットやパターンを取り入れ、時には道具を特注することもあるほど。そんな但野氏でも、おどろおどろしいスカルを、スタイリッシュな印象にするための構図に悩んだという。しかも、漆黒のガラスから切り出す黒切子は、絵柄が見えないため、手の感覚と音で削りだすことが必要。単純なパターン柄ではなく、スカルの滑らかな曲線や、スカルの目の中に浮かぶ光の風景を表と裏、同様に描き出すのは並大抵の技では実現できない。それでも、煌くような光を持つ「菊つなぎ」と呼ばれる繊細なカットを多用。この幽玄かつクールなスカル模様が浮かび上がった。

■希少なクリスタルで作った逸品で晩酌を
「このグラスで、日本酒などを飲んだいただけると嬉しいですね」と但野氏。このぐい呑みを、手に持つと細やかなカットが指に感触を残し、クリスタルらしいほどよい重さは安定感がある。酒を注ぐとキラキラを輝く細やかなカット面と、スカルとの見事なコントラストに、つい持つその手を光にかざしたくなるだろう。なにより、こんなスタイリッシュな江戸切子を見たことがあるだろうか。実は、こちらの切子は売切れてしまうと次のご用意をお約束できない品。大変手の込んだアイテムであることはもちろん、なかなか手に入れられない貴重なクリスタル生地を使っているためだ。ぜひ、この希少な品を、今すぐ手にいれていただきたい。

ぐい呑み

【但野硝子加工所】スカル ぐい呑み

30,240円(税込)
送料: 通常配送 540円(税込)  詳細
発送: 通常3営業日以内(土日祝を除く)  詳細
ご購入数:

アイテム詳細

製造国: 日本
素材: クリスタル
サイズ:口径6.5cm、高さ 5cm

※職人による手作りのため、商品によってサイズは若干の誤差がございます。あらかじめご了承ください。
※表示画像と実際の商品の色味は、お客様のモニターの状態や環境光等によって違って見える場合があります。
※素材の特性上、温度差にとても弱い商品です。
※割れてしまうおそれがあるため、熱いお湯(40℃以上)は注がないでください。
※電子レンジや食器洗浄機・乾燥機はご使用いただけません。

このアイテムを見ている人は、こんなアイテムを見ています

このアイテムのレビューを投稿する レビューとは?

レビューを投稿するには ログインしてください。

TOPへ戻る