「藤巻百貨店 日本酒倶楽部」始動!アンケート回答で500円クーポン

海外発送/国際配送サービスの転送コム

「いい作品こそ日常で使ってほしい」。陶芸家・出口鯉太郎さんのそんな思いが込められた陶器のぐい飲み。土の温かさを肌で感じる度に心が安らぎ、使えば使うほど愛着が湧いてくる。

土の持つやさしい表情。程よく厚みのあるフォルムが美しい陶芸家・出口鯉太郎さんのぐい呑み

土の風合いをそのまま
活かした創作陶器

土の持つやさしい表情。程よく厚みのあるフォルム。手に触れた時の温かみ。その器を使うだけでなぜかほっと一息つける。陶芸家・出口鯉太郎さんの作品は、そんな風合いを持っている。土そのものの良さを引き出した自然で素朴な作品は、備前焼や信楽焼といった焼き物のカテゴリには属さず、いい土を手製の薪窯でいい表情に仕上げたオリジナルの創作陶器だ。「土の器は薪のくべ方で焼き上がった時の表情が変わってきます。模様のつき方、表面の艶、触り心地・・・。イメージ通りにいかないこともあれば、逆にイメージ以上のものが焼きあがったりもします。窯の火を落とすまでどんな作品に仕上がるか僕自身も分からない。だから陶芸はおもしろいんです」(出口さん)

母方の祖父は備前焼の陶芸家で人間国宝の金重陶陽氏、父方の祖母も女流陶芸家。陶芸一家の家系

目指しているのは
“木箱に戻らない作品”

出口さんにとって陶芸とは?と尋ねると“日常”という答えが返ってきた。生い立ちを聞けば、母方の祖父は備前焼の陶芸家で人間国宝の金重陶陽氏、父方の祖母も女流陶芸家。家系はまさに陶芸一家で、出口さんの周囲には“陶芸”というものが、幼いころからが当たり前のように存在していた。それ故か、求めるクオリティも非常に高く、例えば窯の中に100個入れたとして、その中から納得のいく作品を選別すると半分も残らないという。生粋の芸術家なのだ。「僕が作りたいのは木箱に戻らない作品。芸術品だからと棚の奥に大切に仕舞われてしまうのは作り手としては寂しいことです。いつも身近に置いておきたいと思えるくらい日常的に使ってもらいたいですね」(同)

地元・京都府亀岡市に工房がある陶芸家・出口鯉太郎さんのぐい呑み

同じものは一つとない
唯一無二のぐい呑み

出口さんが工房を構えるのは、地元・京都府亀岡市。慣れ親しんだ長閑な里山に薪窯を造り、のんびり陶芸ライフを楽しんでいる。修業を積んだのは、親戚が営む岡山県の備前焼の窯元。出口さんの作品に備前焼の風情が漂うのは、修業時代の経験が少なからず反映されているからだろう。作品には表と裏がある。表とは、窯に入れた時に薪の火があたる側。飛んだ灰が陶器に独特の模様をつけ、見る角度によってその雰囲気は全く違うものになる。「窯の中の配置場所や火の強さによって模様のつき方が変わるため、作品は一つ一つ表情が違います。それもまた焼き物の味わい深さです」(同)。自然と偶然が重なり合って生まれた美しい模様。眺める度に愛着心が募っていく。

酌を至福の時間へといざなってくれる陶芸家・出口鯉太郎さんのぐい呑み

晩酌のおともに・・・
選りすぐりの限定30個

ぐい呑みとは、御猪口よりも大きく湯呑よりも小さいサイズの器。今回は出口さんに特注し、藤巻百貨店のためだけにぐい呑みを焼いていただいた。100個以上を窯に入れ、その中から出口さんが太鼓判を押した30個をセレクト。例えば一日の終わりに、自宅でしっぽり日本酒の熱燗をくっと喉に流し込む時、手にした器がこだわりの器であるだけで、ちょっと贅沢な気分に浸れはしないだろうか。作り手の思いが込められた器は、使い手の心にも温かさと癒しをもたらしてくれる。いくつか揃えて、仲間と杯を交わすのも乙である。左党の方へのプレゼントにも手頃だ。晩酌時間の心持ちを左右する酒器選び。いい器は、いつもの晩酌を至福の時間へといざなってくれる。

TOPへ戻る