<予告>DOUBLELOOPが待ちに待った新モデル準備中!

海外発送/国際配送サービスの転送コム
【ポンピン堂】合財袋/とんぼ

ポンピン堂の「合財袋」が遂に登場!
縁起の良いとんぼ柄を藤巻百貨店で先行販売

【ポンピン堂】合財袋/とんぼ

■あの守袋が大きめサイズに!とんぼ柄の合財袋が新登場!
護符を入れて持ち歩く袋として江戸庶民の間で普及した守袋(まもりぶくろ)。昔ながらの会津木綿生地に、縁起の良い“いわれ柄”を染め抜いた「ポンピン堂」の守袋は、かわいらしい色柄とサイズで発売当初からファンを増やし続けている人気商品だ。そんな守袋が、バッグインバッグとしても使える合財袋(がっさいぶくろ)になって藤巻百貨店に初登場!“身のまわりのものを一切合財放り込んで持ち歩ける”ことから名付けられた合財袋は、手に提げて歩くだけでサマになると当店でも大好評。和装にも洋装にも合わせやすく、男性が気軽に持てるポーチとしても高い人気を集めている。当店限定での先行販売となる「蜻蛉(とんぼ)」の合財袋は、藤巻百貨店のリクエストにより誕生したもの。“合財袋×とんぼ柄”、根強いファンを持つ2大コンテンツが相見えることとなった本作を、どこよりも早く手に入れて!

【ポンピン堂】合財袋/とんぼ

■150年の伝統技で染め抜く日本のデザイン
東京・浅草に工房を構える「ポンピン堂」。1867年(慶応三年)創業の型染め屋「更銈(さらけい)」の系譜を継ぐ江戸型染めブランドで、現在は代表の大野耕作氏と妻、義母の家族3人で製品の企画、デザイン、製造から検品出荷まで全工程を行っている。「日本には、300年もの歴史の中でさまざまなフィルタリングに堪え、今に残ってきたデザインがたくさんあります。その素晴らしいデザインを多くの人に知ってほしい」と大野氏。着物の染色法として受け継がれてきた「江戸型染め」をアレンジし染め抜かれる柄はどこかユーモラスで、江戸の洒落や粋を感じるものばかり。今回の主役は、前にしか進まないことから「不退転(退くに転ぜず、決して退却をしない)」の象徴とされ、“勝ち虫”の異名を持つとんぼ。日本特有の“いわれ”を秘めたデザインを、「ポンピン堂」のアイテムで気軽に楽しんでほしい。

【ポンピン堂】合財袋/とんぼ

■縁起柄をぶらりと提げて。めでたさ満点の“三盛蜻蛉”
米俵を三つ重ねたような構図は、日本の伝統的な「三盛(みつもり)」の紋様から。とんぼを三匹描いたのにもきちんと理由がある。「三」という数字は、日本では古くから“安定、調和”をもたらす縁起の良いと数字として親しまれてきたもの。ただでさえ縁起の良いとんぼがずらり三匹、これはいかにもおめでたい。験担ぎに持ち歩いたり、ギフトとして贈るのもオススメだ。合財袋と聞くと男性のイメージが強いが、水色に染まったとんぼの目はなんとも愛嬌があり、女性が持っても可愛らしい。充電器やポケットWiFiなどのデジタルツールをまとめるもよし、化粧ポーチとして使うもよし、「中にはコッヘルなどアウトドア道具を入れるのに使っているというお客様もいらっしゃいます」と大野氏。紐が長めなので手に提げたときの“ぶらり感”も丁度良い。これは手ぶらより粋な、ぶらり散歩を楽しめそうだ。

合切袋

【ポンピン堂】合財袋/とんぼ

4,104円(税込)
送料: 通常配送 540円(税込)  詳細
発送: 通常5営業日ほど(土日祝を除く)  詳細
ご購入数:

アイテム詳細

素材:(表地)会津木綿、(裏地)ポリエステル、(紐)レーヨン
サイズ:縦22.5cm×横19cm
重さ:約50g
※手作りのためサイズや重さには多少ばらつきがあります。

このアイテムのレビュー

みんなのおすすめ度

(星 5.00)

おすすめ度
2018/08/10 10:47:50

このアイテムを見ている人は、こんなアイテムを見ています

このアイテムのレビューを投稿する レビューとは?

レビューを投稿するには ログインしてください。

TOPへ戻る