地震に伴う配送業者(佐川急便)集配遅延のお知らせ

海外発送/国際配送サービスの転送コム

6周年記念プレゼントキャンペーン

世界屈指のデニム生地メーカー、カイハラ。圧倒的な国内シェアを誇り、数々の海外のハイブランドのデニム生地を手がけていることでも知られている。そんなデニムのエキスパートであるカイハラが、いま多くの人々に良さを伝えたい素材があるという。それが“茶綿”を使ったデニム生地だ。

カイハラ独自の「茶綿デニム」で新たな可能性を切り拓く!

カイハラ独自の「茶綿デニム」で
新たな可能性を切り拓く!

ワークウェアとして誕生し、今やファッションアイテムとして世界中で人気が定着したデニム。その魅力は深みのあるインディゴブルー、ラフな風合い、そしてはき込むことで美しく色落ちして自分だけの1本に育っていくことにある。特に昔に作られたヴィンテージデニムは、技術が未熟だったがゆえの味わい深さが人々の心をとらえ、高い希少価値が付けられている。そんなヴィンテージの味わいを現代に伝えるべく、カイハラが着目したのがかつてのデニム生地に使われていた“茶綿”。その魅力を伝えたいというカイハラの想いに俳優・クリエイターの井浦新氏が共感し、両者によるプロジェクトが水面下で進行していた。そして、この度、茶綿デニムを使った究極のジーンズが完成。その全貌をご紹介する。

世界中のハイブランドに生地を供給する国内トップのデニム生地メーカー

世界中のハイブランドに生地を供給する
国内トップのデニム生地メーカー

そもそもカイハラについて知らないという人のために、ここでその概要を説明しておきたい。カイハラの本社があるのは、広島県・福山市。ここは古くから備後絣の産地で、カイハラも絣製造を行う機屋として1893年に創業した。その後、時代の移り変わりとともにデニム製造にシフト。デニムに使う糸を染めるのに欠かせないロープ染色の技術を日本で初めて開発した後、糸を紡ぐ紡績、生地を織る織布、生地の仕上げを行う整理加工も手がけるようになり、世界でも稀なデニムの一貫生産体制を確立した。その安定した品質と新たな生地を生み出す開発力は世界に認められ、国内ブランドのみならず、海外の名だたるブランドから指名を受けるトップクラスのデニム生地メーカーへと成長を遂げている。

独特のヴィンテージの風合いを生む「茶綿」の魅力を伝えたい!

独特のヴィンテージの風合いを生む
「茶綿」の魅力を伝えたい!

そんなデニムを知り尽くすカイハラが、いま特別な想いを持って作っている生地が茶綿デニム。現代の通常のデニムには真っ白な綿が原料として使われるが、かつては茶色く色づいた綿が使われており、それがヴィンテージ特有の味わいを醸す要因となっていた。それを現代に再現すべく、カイハラでは専務の貝原淳之氏を中心に、他に先駆けて茶綿デニムを開発。その魅力をできるだけ多くの人に伝えたいと思っていた。それに共感したのが、俳優・クリエイターの井浦新氏。筋金入りのデニムラバーであり、自身のブランドでディレクターも務める井浦氏とタッグを組み、茶綿デニムを使って様々なクリエイターたちとコラボレートすることで茶綿の魅力を伝えるプロジェクトがスタート。その第1弾がここでご紹介するジーンズというわけだ。両者は2016年、デニム生地をつなぎ合わせた帆を張った船で瀬戸内海をクルーズし、デニムの経年変化を試みる「旅するジーンズ」プロジェクトでもコラボ。翌年発表したそのデニムを使ったアイテムは藤巻百貨店でも大きな反響があった。

これぞ茶綿ならではの色味あえてのシンプルさで生地を主張する!

これぞ茶綿ならではの色味
あえてのシンプルさで生地を主張する!

茶綿デニムを使ったジーンズが完成するまでには、数々の試行錯誤があった。最もこだわったのは、茶綿の魅力を最大限に生かすこと。デニムにとって生地の風合いも大切な要素だが、今回のジーンズではあえてベーシックかつプレーンな生地を織り上げることで色合いの魅力を全面に打ち出した。バックポケットにはステッチを入れず、シンプルに仕上げることでより色合いを楽しめるようにしてある。さらに、縫製を手がけたのは日本で唯一、世界最大手のジーンズメーカーの指定工場を有するSAAB(サーブ)。ゆえにクオリティの高さは折り紙つきだ。そうしてついに完成した究極のジーンズの詳細をここで解説していこう。

「茶綿」と「白綿」をはき比べ色落ちの違いを楽しんでほしい!

「茶綿」と「白綿」をはき比べ
色落ちの違いを楽しんでほしい!

この度、完成したのが、こちらの「茶綿ジーンズ」と「白綿ジーンズ」。どちらも作りは同じだが、それゆえに茶綿を使うことでいかに色合いが変化するか如実わかるというわけだ。洗いをかける前のリジッドの状態でもその違いは歴然。ユーズド加工を施した状態を見てもらえれば、茶綿独特のヴィンテージ感あふれる色合いがさらに際立つことがおわかりいただけるはず。是非、両モデルをはき込んで、それぞれの色落ちの魅力を堪能してほしい。また、シルエットはヴィンテージジーンズの定番であるストレートタイプの風合いを残しつつ、現代のファッションにも合わせやすい微調整を加えることで脚のラインが美しく見えるようになっている。また、注目なのが、カイハラ創業時の屋号である“マルス”をモチーフにした革パッチ。生産年次やモデル、そしてロットナンバーが刻印されており、世界にひとつ、自分だけのジーンズであるという限定感をさらに高めてくれる粋な意匠なのだ。

お取扱いアイテム
TOPへ戻る