お盆期間中のお届けについて

海外発送/国際配送サービスの転送コム

藤巻百貨店待望のアイテムがついに登場した。米国ホーウィン社のシェルコードヴァンを、望みの色で展開するのは長年の夢。革製品の老舗「二宮五郎商店」に別注したそんな財布たちをいま、興奮とともに紹介したい。

あなたは見たことあるか。シェルコードヴァンのこの色を

あなたは見たことあるか
シェルコードヴァンのこの色を

レザーファン垂涎の的であるホーウィン社のシェルコードヴァン。この定番カラーとして日本に入ってきているのはブラックとバーガンディー(#8・ナンバーエイト)の2色で、しばしばウィスキーやラベロといったブラウンカラーが登場していたが、その他の色は非常にまれなものだった。そんななか藤巻百貨店は、古くからシェルコードヴァンを使い続ける二宮五郎商店のアイテムにて、ネイビーとグリーンの2色の別注に成功。ひと目で引き込まれてしまうその深い色あいを例えるなら、ネイビーは「夜」の色を抜き出して革を染めたような、グリーンは穏やかな森林のような色。革に精通した人でも「これは」と目がとまるほど、他の革ではたどり着けないほどの風格を備えている。この革を見てしまったら最後、所有欲を満たしたくてたまらなくなる。

革好きの心をつかんで離さない、シェルコードヴァンの魅力

革好きの心をつかんで離さない
シェルコードヴァンの魅力

ホーウィン社のシェルコードヴァンについて説明が必要だろう。1905年、アメリカはシカゴで創業し、1世紀以上ものあいだレザーを供給し続けているアメリカ屈指の老舗がホーウィン(Horween)社。特に名声を高めているのが「シェルコードヴァン」のクオリティで、有名シューズメーカーとの関係や、バッグ、財布などに使われることで、その独特の風合い、エイジングの美しさに虜になる人が続出している。コードヴァンは馬の臀部にある真皮層という密度の高い部分をなめし、オイルを含ませて仕上げる。馬一頭からわずかしか取れないことから高額で希少性も高く、また牛革とはまったく異なる質感やツヤを持っているため「革のダイヤモンド」とも言われているほど。

革の力を最大限に引き出す、二宮五郎商店の最高の仕事

革の力を最大限に引き出す
二宮五郎商店の最高の仕事

このコードヴァンを使ったアイテムを得意とするのが、東京・向島で60年以上も革製品を作り続けてきた「二宮五郎商店」だ。革製品を愛する者にとって、「二宮五郎商店」の名前は特別な意味を持つ。選び抜かれた至高の素材、その魅力を引き出すシンプルで使い勝手のよいデザイン、それを形にする熟練の職人仕事。二宮五郎商店は、そんな“哲学”を貫き通し、妥協なきものづくりを続けてきた革製品のマニュファクチャーファクトリーだ。その姿勢が世界的なタンナー・ホーウィン社に認められ、同社の「シェルコードヴァン」を扱える世界でも数少ないブランドであることは、二宮のものづくりを物語るエピソードといえる。

別注カラー3種の財布は、一生かけて愛していける

別注カラー3種の財布は
一生かけて愛していける

別注のネイビー・グリーンが実現できたのも、そんな二宮五郎商店の力があったからこそ。今回展開するのは3種類の財布。まず札入れの「フルレザーウォレット」。シンプルな構造で薄いながら、裏地にまでコードヴァンを使用しており、その贅沢な作りはシェルコードヴァンを大量に仕入れることができる二宮ならでは。次に「コインケース」は、小さいながらもコードヴァンの質感に酔うことができる逸品。手なじみがよく、エイジングした姿が楽しみなアイテムだ。最後に「グランマスタージップアラウンドウォレット」。二宮五郎商店でも最上級に位置する財布で、外装・内装すべてにコードヴァンを使い、その重厚感に圧倒させられるアイテム。これらすべてに、ネイビーとグリーンのカラーがラインナップされる。希少な革において、持てる技術のすべてを注ぎ込む。つまり数が作れないことは想像に難くない。ただし手に入れたらもう、一生かけて付き合っていけるほどの愛を注げるに違いない。このコードヴァンはそれに耐えうるアイテムだ。

お取扱いアイテム
【二宮五郎商店】のその他アイテム
TOPへ戻る