「藤巻百貨店 日本酒倶楽部」始動!アンケート回答で500円クーポン

海外発送/国際配送サービスの転送コム

藤巻百貨店で取り扱い以来、その唯一無二の楽しいデザインでユーザーを魅了してきたDOUBLELOOP。この度、念願の迷彩バッグがついに実現! “毎日が冒険”がテーマという初の迷彩シリーズの本領はいかに?

DOUBLELOOP ブランド初の迷彩バッグが新登場!

大人気DOUBLELOOPから
ブランド初の迷彩バッグが登場!

藤巻百貨店のユーザーから絶大な支持を受けるバッグブランド「DOUBLELOOP(ダブルループ)」これまでに。“毎日が旅気分”をテーマにしたカラフルなキルティングバッグ「JOURNEY」や、リゾートをイメージした帆布トート「JOURNEY resort」を発表し、いずれもその使いやすさと可愛さで多くのファンを虜にしてきた。今回登場するのはなんと、DOUBLELOOP自身も初となる新たな迷彩シリーズ! 完成したのは、ボディに「迷彩柄」のキルティングをまとい、正面の大きな“×”(かける)のラインが印象的なトートバッグ。「×Safari」と名付けられたバッグの内側にはひょっこりとサファリの動物たちが顔を出す。“×”と動物の組み合わせが選べるセミオーダー仕様は藤巻百貨店だけ! バッグを持つ楽しさを思い出させてくれる「DOUBLELOOP」の特徴はそのままに、他にはないワクワク感が味わえる迷彩バッグとなった。

デザインから製作まですべて自分たちの手で作り上げるプライド

デザインから製作まですべて
自分たちの手で作り上げるプライド

かつて故・藤巻幸大がバイヤーとして訪れた展示会で出会い、世に二つとない楽しいデザインに一目で惚れ込んだという「DOUBLELOOP」のバッグは、 デザインから縫製、梱包までの全工程を代表の山岸厚さんと太田敬子さん含めわずか数名で製作している。オーダーを受けてから作り始め、ほとんどの工程を手 作業で仕上げていくのだ。作り手が納得のいくモノづくりを続けるためには、毎月限られた数しか作ることができない。どのバッグにも我が子のように愛情を込めて手がけるのが、同ブランドの最大の魅力だ。「非効率かもしれませんが、通常なら専門業者にお願いするようなことも自分たちで行っています。何事にも自分たちの手が入っていないと気が済まないところは、根っからの職人気質でしょうか(笑)」(山岸さん)。

イメージは“サファリ”の楽しさと“冒険”のハードさに耐える仕様

イメージは“サファリ”の楽しさと
“冒険”のハードさに耐える仕様

「DOUBLELOOP」らしい迷彩バッグとは? を考え抜いて生まれた今回のシリーズは、山岸さんが「動物たちの持つやさしさ・あたたかさをイメージしてデザインした」という通り、楽しさやかわいらしさ、ウキウキ感が伝わってくる。そして本体素材には「Fiber RIP100」を採用。パラシュートなどに使われる引き裂きに強いリップストップナイロンをベースにさらに耐摩耗性をアップさせ、テフロン加工を施し防水・防汚性を持たせた新素材だ。アウトドアバッグなどに用いられるなどその強度への信頼性は高い。ナイロンならではの軽さがありながらも、ハードに使っても擦り切れや引き裂きが起こりづらい「×Safari」はデイリーユースにぴったりのバッグなのだ。今回のシリーズテーマは“毎日×冒険”。サファリのデザインに加えてヘビーデューティーな使用にも耐えうる仕様は、ワクワクとした冒険の気分を思い出させてくれる。

動物たちに思わずほっこり。いつもと違う特別なDOUBLELOOP!

動物たちに思わずほっこり
いつもと違う特別なDOUBLELOOP!

“×”には「DOUBLELOOP」と他分野を掛け合わせる意味が込められており、今回はサファリとのコラボというわけだ。しかしコンセプチュアルな目的だけではなく、実はオープンポケットにもなっていて、頻繁に取り出す書類やiPad miniなどデジタルデバイスがファスナーを開けることなくさっと出し入れできる便利さもある。両端のスナップボタンを調節すればボリュームダウンし、ミニボストンやスポーツバッグのような形態に早変わり。ハンドルもツートーンのレザーで仕立て、やさしい色合いが迷彩の雰囲気にマッチしている。そしてバッグを開ければ、中から「こんにちわ!」とばかりに動物たちがご登場。大きくプリントされたその表情には、疲れているときでもちょっと元気をくれる不思議な力が備わっているかのよう。動物にインスピレーションを得た「×Safari」には、バッグを使う毎日を楽しく元気に過ごしていけるような、そんな魔法がかけられている。

お取扱いアイテム
【DOUBLELOOP】のその他のアイテム
TOPへ戻る