「藤巻百貨店 日本酒倶楽部」始動!アンケート回答で500円クーポン

海外発送/国際配送サービスの転送コム

ハンドメイドとオリジナルレザーの質感にこだわり、軽くて丈夫で使いやすい、大人に似合うレザーバッグを追求しているブランド「HMAEN(アエナ)」。「ありそうでないもの」をコンセプトに唯一無二のバッグを生み出す、その思いとは。

「ありそうでないもの」を追求するバッグブランド「HAMAEN(アエナ)」

「ありそうでないもの」を追求する
バッグブランド「HAMAEN(アエナ)」

上質な皮革の風合いを活かしたシンプルかつすっきりとしたデザインで、オールレザーならではの独特な存在感を放つバッグたち。目にした者を一瞬で魅了し、強烈な印象を残す「HMAEN(アエナ)」というバッグブランドをご存知だろうか?雑誌などでにわかに注目を集めている「HMAEN」は、これまでに名だたるバッグブランドを立ち上げてきた、知る人ぞ知るバッグデザイナー・大友成氏が2013年より展開している新たなブランド。「ありそうでないもの」をテーマに、革の質感とハンドメイドにこだわって生み出されたオールレザーのバッグは、いずれも佇まいが美しく、ベーシックながらもキラリと個性が光る、他とは一線を画したオリジナリティあふれる逸品に仕上がっている。

行き着いた答えは自分たちの目が届く範囲でのバッグ作り

行き着いた答えは自分たちの目が
届く範囲でのバッグ作り

いくつものバッグブランドを立ち上げてきた中で、コスト重視の大量生産が主流となった日本のバッグ業界に疑問を抱き、大友氏の辿り着いた答えが「ハンドメイド」だ。「ありそうでないもの、独特なものづくりをしたくて(大友氏)」という思いからスタートした「HAMAEN」では、企画、デザインから縫製にいたるまでを大友氏自身が全て行なっている。また製作に携わるスタッフは大友氏を含めたった3名。自分たちの目の届く範囲でのみバッグの製作を行い、外注は一切なしだ。商品について語る際、大友氏は何度も「他はここまでやらない」と苦笑するが、外注では手間がかかりすぎてやってくれないことばかりを自分たちの手でひとつひとつ作り上げていく。決して大量生産には向かない体制だが、より納得のいくものを適正な価格でアウトプットできるという利点を何よりも優先することで、「HMAEN」らしさが育まれている。

こだわりのオリジナルレザーと細部まで手を抜かない真摯な姿勢

こだわりのオリジナルレザーと
細部まで手を抜かない真摯な姿勢

「HMAEN」では、きめが細かく美しい銀面を誇るオリジナルの皮革「AENレザー」も作ってしまうほど、革の品質へのこだわりは強い。「革が主体の道具なので、いい革を使わないと。日本の革屋さんは技術があるんですけど、コストや手間をかけても売れない。結局、大量生産で使いやすいものが市場で望まれてしまうので、できるのにやらないんですね。」とは大友氏。オリジナルレザーは、傷が少なく下地がしっかりとしたAランクの米国産牛革を、日本有数のタンナーが加工を施したもので、丈夫で軽いのが特徴だ。また製造の面では、型崩れしないようにヌメ革で補強したり、立体感を出すために手縫いによるステッチを入れたり、裁断面をしっかりとコバ磨きで処理を施したり…、などあえて工程数が増える細工も目立つ。そのこだわりから、強度や見た目など細部にまで妥協を許さない、真摯で誠実なものづくりへの姿勢が伺える。

持ち主の日常の中で欠かせない存在になる「道具としての鞄」

持ち主の日常の中で欠かせない
存在になる「道具としての鞄」

適度なハリにしっとりとした艶が上品で落ち着いた大人の雰囲気を漂わせるが、決して気取りすぎていない「HMAEN」のバッグたちは、どんなシーン・スタイルにもしっくりと馴染む上に、丈夫で軽く、扱いやすいのが大きな魅力。豊富なポケットを擁するトートバッグ「Lucas」、小振りサイズのブリーフバッグ「Polte」、スマートな雰囲気のボディバッグ「Kermit」、特殊プリント柄が印象的なボストンバッグ「Mastiff」、底面にビブラムソールを張り付けた画期的なトートバッグ「ROBIN」など、いずれもシンプルながらも洗練された外観で、細部にひと手間もふた手間もかけられた実用的で独創的なアイテムが揃う。「鞄は道具」を信条とする大友氏の言葉通り、日常の中で気軽に使えるよう設計された「HMAEN」のバッグは、つい手が伸びて持ち主には欠かせない存在となるに違いない。

お取扱いアイテム
TOPへ戻る