海外発送/国際配送サービスの転送コム

メンズファッションの世界でスタイルを確立、稀代の目利きでもある干場義雅氏が2012年、メイド・イン・ジャパンにこだわって立ち上げたブランド「PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)」。シンプルで美しく使いやすいアイテムの数々は、多くのモノを体験してきた大人たちを魅了している。

「PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)」干場義雅氏

移り変わる流行よりも普遍的な美を
干場義雅氏の思う美しさとは

『LEON』『モノ・マガジン』『オーシャンズ』…名立たる有名誌の編集に携わり、時には創刊メンバーとして関わりながら、ラグジュアリーからカジュアルまであらゆるモノやファッションの変遷を見つめてきた干場氏。日本を代表するファッションディレクターの一人として、今やテレビや雑誌で見ない日はない。そんな干場氏が掲げる“哲学”がある。それは「移り変わる流行よりも普遍的で美しいスタイル」「多くの粗悪な物よりも少しの良いもの」という二つの言葉。トレンドの最先端で活躍する同氏とは一見真逆のような言葉にも思えるが…。「年齢を重ねるにつれ、安価な物をたくさん持つよりも、良質な物を長く大切に使うこと、うわべではなく素材の良さに目を向けることを重要視するようになりました」(干場氏)。そんな干場氏が起ち上げた渾身のブランドが、藤巻百貨店に登場する。

船旅に出たくなる遊び心が効いた「PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)」のデザイン

地中海へ船旅に出たくなるような…
優雅な大人達におくるブランド

「“いつ、どこでも、それを手にしていれば自分らしいスタイルが完成する”。そんなバッグを日本の素材を使い、日本人のセンスで作りたかった」と、2012年にスタートしたのが「ペッレ モルビダ」だ。目指したのは、旅の理想形である“船旅”に持っていきたくなるような、上品で上質で、それでいて手の届くプライスのバッグ。「船旅には寄港地観光や、爽やかな朝のデッキ、ラグジュアリーなディナー…様々なシーンがありますよね。それは日常の生活でも同じこと。様々なライフスタイルに沿うようなバッグを提案しています」と干場氏。“クオリティ オブ ライフ”を求める成熟した大人たちが持つに相応しい、流行に流されず長く愛用できるバッグや革小物を、ひとつひとつ、じっくりと時間をかけて作り上げている。

日本の職人技が叶える軽やかで“柔らかい”革を使用した「PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)」

日本の職人技が叶える
軽やかで“柔らかい”革

「ペッレ モルビダ」とは、イタリア語で“柔らかい肌(革)”という意味。「ファッションにとって最も重要なのは“素材”」と語る同氏の強い想いから、日本各地の素材を吟味し、上質でソフトな国産のシュリンクレザーを採用。シュリンクレザーは元来重厚な素材だが、シボの立った質感や堅牢さを損なわないギリギリの薄さまで熟練の職人により鋤かれた革は、その名に相応しい柔らかく軽やかな肌触り。使われる金具は全て型から起こし、ブランドの刻印を入れたオリジナルパーツを使用。さらに経年劣化しにくく輝きが持続する加工を施し、通常の金具と同じ強度を保ちながら2~3割の軽量化を実現したという。隅々にまで職人の技と作り手のこだわりを感じるペッレモルビダのバッグ。その細やかな気配りには、“メイド・イン・ジャパン”の心意気を感じる。

「PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)」のトートバッグが登場

シンプルさの中に遊び心を
シーンに合わせた多彩なライン

バッグのボトムに走るカーブの切り替えラインは、大型客船の船底をイメージしたブランドの顔ともいえるデザイン。また、さりげなくあしらわれた“船旅”を起想させるホイッスルやネームタグにも、大人の遊び心を感じる。「ファッションは自由に楽しんでほしいけれど、“独りよがり”ではあまりかっこよくないですよね」と干場氏。常に“TPPO(time、place、person、occasion)”を考えて作られているというペッレモルビダのバッグには、季節ごと、シーンごとに、様々なラインが存在する。今回登場するのは、スタンダードラインの「Maiden Voyage」と、今秋に登場する、同ブランドでは珍しいファブリックを使用した「Onda」の二つ。干場氏が思う“普遍的な美しさ”を備えたエレガントな大人のトートは、あなたの日々をより豊かに彩ってくれるはずだ。

Profile
クリエイティブディレクター・干場義雅

『LEON』『オーシャンズ』『モノ・マガジン』など様々な雑誌の編集者としてブームを作り、ファッションディレクターとして独立。人を素敵に変身させるコーナーやファッションチェックなど、テレビ番組でもおなじみ。FM TOKYOのラジオ番組『SEIKO ASTRON presents World Cruise』のメインパーソナリティとしての顔も。2013年秋より、船旅を楽しむような成熟した男女をターゲットにしたライフスタイル誌『Sette Mari(セッテ・マーリ)』の編集長に就任。新聞、テレビ、雑誌、ラジオ、イベント、ブランドプロデュースなど、その活動は多岐に及ぶ。
公式facebookページ: https://www.facebook.com/pages/Yoshimasa-Hoshiba/182775121760770

バッグ
財布・名刺入れ
TOPへ戻る