年末年始の営業につきまして

海外発送/国際配送サービスの転送コム

北海道の開拓時代、原野を切り開くための大切な動力だった馬と人とをつなぐ馬具。その馬具を作り続け、磨き上げられたソメスサドルの職人技が、メイドインジャパンのさらなる可能性を感じさせる名品を生み出す。

北海道で創業したソメスサドル

国内屈指の馬具メーカー
“ソメスサドル”の誕生

北海道で創業したソメスサドルは、高品質で絶大な信頼を得る国内屈指の馬具メーカーである。ソメスサドル誕生の歴史には、北海道という土地に密着した要素が多く含まれる。北海道各地では開拓期より馬具づくりが盛んであった。時代の流れとともに新たな産業が生まれ、ソメスサドルが本社を構える歌志内市も、かつて人口5万人の炭鉱都市で大手石炭産業の城下町であった為、炭鉱で栄えていた。1963 年、石炭から石油へエネルギー転換が進み、炭鉱の閉山・閉鎖が相次ぐ。新たな地場産業再建を掲げ企業誘致を展開。企業第一号として、ソメスサドル社が設立された。(前身はオリエントレザー(株)である)こうして、開拓期より続く馬具づくりは地域をあげて再建された。

たぐいまれなる技と感性が宿るソメスサドルのブリーフケース

鞍作りで培った職人技が光る
誇り高きジャパンブランドの証

ソメスサドルは創業以来、世界で活躍するトップジョッキーの鞍や宮内庁へ馬具を納めている。“競走馬の騎手は、わずか18mm幅のアブミ革ベルトに全体重をかけて命を預ける”といわれるほど、馬具には高い機能と耐久性が必要不可欠。絶対に失敗の許されない馬具製作は、幾多の経験を積んだ熟練の匠のみがなせる技といえる。そのたぐいまれなる技と感性が、ソメスサドルの鞄に宿る。世界各国の最上級の成牛をはじめ、カーフやコードバンなどを扱う。製品づくりには、そこから必要なパーツに使える部分だけを厳選して使用している。一見してホンモノであることが伝わるその洗練された佇まいに、誰もが魅了される。

手作業で作り手の技と心を投入した革製品。ソメスサドルのブリーフケース

徹底したこだわりが確固たる品質へ
ハイクオリティな逸品に酔いしれる

社名はフランス語で“頂点”を意味する「SOMMET」が託されており、その名にふさわしく“真のホンモノ”と呼べる革製品を追求し続けている。革製品の極致といわれる鞍作りで培った、緻密で高度な技術を生かした製品を世に発信し、馬具はもとより鞄などの革製品の総合ブランドとなった現在も、人馬一体の要となる馬具作りに注いだ職人技は脈々と受け継がれている。“どんな機械であってもなしえない完成度を可能にする”というポリシーのもと、断裁や縫製、磨き、仕上げまでの行程はすべてハンドメイドで行うというこだわりにまた驚かされる。手作業で作り手の技と心を投入した革製品は端正で優雅だ。クラシカルな風格が漂い、かつ現代にしっくりと馴染むオシャレさを併せ持つ、究極の鞄と言えるだろう。

職場、商談先で一目置かれるソメスサドルのブリーフケース

職場、商談先で一目置かれる
信頼感を勝ち得るソメスサドルの鞄

自分の傍らに存在するバッグだからこそ、周囲から信頼を寄せられるようなホンモノを選びたいのが男の本音。ソメスサドルの鞄なら、どんなシーンでもスマートに振る舞えるうえに、上質な革と多機能さはお墨付きだ。藤巻百貨店で販売され人気を博す「SPQR(スポール)」の腕時計のベルトにもソメスサドルの革が採用されている。鞄と合わせて持てば、ハイクラスの小物コーディネートといえるだろう。例えば、長時間の移動でも負担がなく持ちやすい10mm厚のハンドルは、ドイツアドラー社製の馬具用のミシンを使用。手馴染みのよいシリーズや、取り外し可能なショルダーを付属するなど、使い手の気持ちに寄り添う細かい配慮を感じる。常にそばに置きたくなる鞄がここに存在する。

ビジネスバッグ
カジュアルバッグ
レディースバッグ
お手入れセット
TOPへ戻る