おかげさまで5周年、限定アイテム登場

海外発送/国際配送サービスの転送コム

藤巻百貨店の5周年を記念して登場する新作は、開店当初から愛される「JOURNEY」シリーズのスペシャルエディション!宇宙をテーマにした「SPACE」から、一挙5タイプがラインナップ。少しモードな雰囲気のモノトーンカラーは、これまでの同シリーズとはひと味違う、大人っぽさとトレンド感が漂う。

ブラック×シルバーあえてのモノトーンが“気分”

ブラック×シルバー
あえてのモノトーンが“気分”

ダブルループの「リゾート」で展開している、黒をベースとしたカラーリングのトートやクラッチ(写真右)。こちらを愛用している方はもちろん、「初めてのダブルループ」という方にも自信を持ってお薦めする新作がジャーニーの「スペース」ラインだ。光沢のあるキルティング素材や、使い勝手のよい仕様はそのままに、近年トレンドのモノトーンでまとめたシックなバッグを5タイプ取り揃えた。「ブランド設立から7年。愛用してくださるお客様も私たち自身も歳を重ね、リゾートラインのカジュアル感では物足りなく感じるシーンも増えました。そこで新シリーズのBoarding同様、フラッグシップモデルのジャーニーにも落ち着きやシンプルさをプラスするラインを設けたんです」(代表・山岸厚氏)。そう話すとおり、「スペース」ラインのこれまでにないクールな表情が、より大人の雰囲気を醸す。

大切な友達に贈る気持ちで一本一本手作りで制作

大切な友達に贈る気持ちで
一本一本手作りで制作

ダブルループは山岸氏と太田敬子氏を中心にわずか数名で運営するバッグブランド。かつて故・藤巻幸大がバイヤーとして訪れた展示会で一目惚れしたデザインはもちろん、縫製、梱包、発送に至るまで全工程を自分たちで手がけ、縫い目のひと目にも心を配る。「たとえ非効率でも全てに自分たちの手を加えたい。お客様一人一人に向けて手作りできるのが私たちの強みですから」(山岸氏)。職人でありデザイナーでもある彼らだかこそできる、日々小さな改良を重ねながらの手作業は、設立時から今もずっと変わらない。工房内はいつも笑いに満ちており、持つだけで楽しい気分になれるバッグが生まれるのも納得。楽しみながらも真摯にモノ作りに生きる二人の情熱と愛情は、丸ごとバッグへと注がれている。

抜群の使い勝手はそのままにスペースだけのギミックが数多!

抜群の使い勝手はそのままに
スペースだけのギミックが数多!

ジャーニーが5年間愛され続け、複数買いされる方も多いのは、結局「使い心地がいい」というシンプルな理由ゆえではないだろうか。手提げでも肩掛けでもサマになるシルエット、多少雑に扱ってもへたらないタフさ、意外と合わせる洋服を選ばない色合わせ、機能的に配されたポケットなど、使いやすさの秘密は枚挙にいとまがない。そうした仕様やブランドコンセプト「毎日が旅気分」は既存ラインを引き継ぎ、新たに宇宙をテーマに掲げた「スペース」は、ギミックに“らしさ”が光る。帯に縫い付けた織ネームには宇宙船と星が描かれ、定番の飛行機の代わりに宇宙飛行士のタグが下がる。「裏地は宇宙をイメージして今作だけディープブルーにしました。実はファスナーも他のラインとは素材を変えています」(太田氏)。

リゾートラインでも人気バッグが個数限定で2色×5タイプ登場

史上最もシックなジャーニー
個数限定で2色×5タイプ登場

ラインナップは「ラウンドトート」「メッセンジャー」「ベビーメッセンジャー」「バスケットトート」「ポーチ」の5タイプ。全て個数限定生産だ。それぞれにブラックとシルバーの2色を用意した。開店当初の5年前は、派手に思われがちだったシルバーも、今やファッションの世界では定番カラー。どんなコーデにも合わせやすく、使いやすさはブラックに負けずとも劣らない。意外にも、バッグをデザインする際は機能性よりも「持っていてかっこいい」「スタイルがよく見える」「楽しい気分になれる」など、感覚的な部分を大切にしているという両氏。今の気分をうまく取り入れながら、定番シリーズをアップデートした今作は、仕事も家庭もおしゃれも楽しみながら、同じ時代を生きる“あなたのための”バッグだ。

モノトーンがオトナ感を醸す。宇宙がテーマのJOURNEY「SPACE」
豊富なカラバリ×4種のベルトから、あなただけのバッグを『セミオーダー』
バッグとお揃いで持ちたくなる、キルティング素材の『ポーチ』
さらにタフで上質にギアチェンジした『JOURNEY2 Boarding』
遊び心いっぱい! 帆布×レザーの『JOUNEY resort シリーズ』
TOPへ戻る