海外発送/国際配送サービスの転送コム
【shimaai】レジャーバッグ

石垣島伝統の藍染めから生まれた
3色ラインが特長的な大容量トートバッグ

【shimaai】レジャーバッグ

■石垣島の自然を表現したトート「shimaai」
抜けるような青空とどこまでも広がる海、そして眩しい太陽の光。そんな自然に恵まれた沖縄・石垣島にて、島伝統の藍染めによるトートバッグが作られているという。島藍農園の「shimaai(シマアイ)」がそれだ。島藍農園は藍染めに用いられる樹木を栽培するために2003年に発足し、その後自ら商品開発から染色・縫製まで行う製品を「shimaai」ブランドで展開。かわいらしい3色のボーダーと使いやすい形のバッグが評判を呼んでいる。代表の大濱豪さんは、「手で染めているのでひとつひとつの表情が微妙に異なる一点もの。休日のライフスタイルを彩るアイテムとして活用して欲しい」と自身のトートの魅力を語る。石垣島の自然をその身にまとう独特なトートが誕生した。

【shimaai】レジャーバッグ

■「ナンバンコマツナギ」で染める伝統の手法
「shimaai」トートの製作は、藍染めの材料となる「ナンバンコマツナギ」の栽培から始まる。ナンバンコマツナギとは日本で主流の藍染めの材料「蓼藍」と同様にインディゴ色素を持つ植物で、石垣島を含む八重山諸島だけで古くから用いられてきた土地ならではの素材。今では島で藍染めを行う工房も少なくなり、技術が絶えてしまうことを惜しんだ大濱さんが自ら農園を興して栽培し、藍染めを継承していくことにしたという。収穫したナンバンコマツナギをもとに「沈殿藍」という藍の原料を作り、時間をかけて発酵させ染液を作る。手間と時間のかかる手法だが、石垣島の自然環境を守りながら生かしていきたいという大濱さんの想いが込められた、必要不可欠な手仕事なのだ。

■冴えたブルーのグラデーションに、だいだい色の差し色を
「shimaai」のトートシリーズは、そんな伝統的な方法で染められた帆布を繋ぎ合わせて作られる。「沈殿藍」による藍の染まり方は、蓼藍による「すくも」に比べてクッキリと冴えた発色の良さがあるのが特長。色を調整して藍色と水色のボーダーラインを作り、まるで石垣島の空と海を連想させる爽快な色調をトートに写している。一方、目にも鮮やかなだいだい色のラインは、防風林などに使われる「福木(フクギ)」の皮を煮出して染めたもの。太陽をイメージさせる明るさを差し色にして、石垣島の自然を表現したトートが完成する。大きさによって「レジャー」、「マルシェ」、「ピクニック」と名付けられたトートは、空と緑が気持ちのいいアウトドアシーンによく似合い、色柄の明るさに元気をもらえそうだ。

■ザクザク入れて使える大型トート
「レジャーバッグ」はシリーズ最大容量の大型トート。バーベキューや屋外ランチで使うアウトドアアイテムはもちろん、小型のチェアやテーブルも持ち運べる 大きさなので、ザクザクと荷物を入れて気軽に外へ連れ出そう。大きなスケッチブックや模型、プレゼン資料などを運ぶためのサブバッグとしてクリエーターに もおすすめしたい。トートの外と中には定期や携帯、メモ帳などを入れて分けられるポケットがひとつずつ付けられ、こまごまとしたアイテムの整理に便利。口 が大きく開くため、中を隠すためのフタ状の帆布がつく。ポップな配色がコーディネートのアクセントにもなるトートバッグだ。

トートバッグ

【shimaai】レジャーバッグ

23,760円(税込)
送料: 通常配送 540円(税込)  詳細
発送: 通常3営業日以内(土日祝を除く)  詳細
ご購入数:

アイテム詳細

素材:11号帆布、サドルレザー
サイズ:縦38cm×上幅55cm・下幅35cm×奥行15cm
製造国: 日本

お手入れ方法:汚れた個所を中性洗剤使用で部分洗いの後、しっかりと脱水して陰干しをお勧めします。

このアイテムを見ている人は、こんなアイテムを見ています

このアイテムのレビューを投稿する レビューとは?

レビューを投稿するには ログインしてください。

TOPへ戻る