「藤巻百貨店 日本酒倶楽部」始動!アンケート回答で500円クーポン

海外発送/国際配送サービスの転送コム

日本最大の銀山として名を馳せた、島根県の石見銀山。東西の文明交流に影響を与え世界遺産にも登録された、日本を代表する鉱山遺跡だ。守り続けてきた歴史的遺産と情緒溢れる街並み、豊かな自然の中で「群言堂」が発信するのは、受け継がれる文化と職人技なのだ。

古き良きものから学び、新しい暮らしを作り出す“復古創新”をテーマとする「群言堂」

地域職人とタッグを組み
古き良きものを伝え、残す

世界遺産にも登録される文化的景観を持つ島根県の石見銀山。この歴史ある地を愛して根づき、古き良きものから学び、新しい暮らしを作り出す“復古創新(ふっこそうしん)”をテーマとする「群言堂」。“孫の代までつながる暮らし方”を考えた衣食住の提案として、島根県内を中心に地域の職人たちと一緒にモノづくりを進めている。その会長を務めるのが、石見銀山出身の松場大吉氏。「群言堂を通して、人やモノの美しい循環を作っていきたいんです。日本が昔から大切にしてきた生活様式など、形を変え現代に役立つものはたくさんあります。職人とのつながりを大切に手作りにこだわり、オリジナル性のある優しいモノづくりを続けています」(同氏)。群言堂ブランドは布や木をはじめ、石、藁など、様々な素材を生かし商品を展開する。

誠心誠意を込めた手作業が生む幸せを願う正月飾り【群言堂】しめ縄・初夢まくら

誠心誠意を込めた手作業が生む
幸せを願う正月飾り

正月は、新しい年に穀物の実りをもたらし、私たちを見守ってくれる“年神様”が各家々においでになることも意味する。年神様を迎える準備として飾る、群言堂が提案するしめ縄には、島根県西部の益田市で育てた稲藁を使用。日本の農村風景が今なお残る山里で、屑米や屑大豆を肥料に大切に育てられた極上の藁だ。「幸多き新年を迎えていただくために、藁職人がひとつひとつ手作業で想いを込めて作っています。無農薬で栽培した安全で質のよい稲藁なので、エコ志向の方にもオススメです。そして、一年の幸運を占う新年の楽しみのひとつ“初夢”のお供になる初夢まくらは、新年の夜、まくらの下に入れて使ってください。」(同氏)。温かみあふれる手作りの正月アイテムで、日本の良き風習を感じてほしい。

■石見銀山とは


石見銀山



かつて島根県大田市大森にあった、日本最大の銀山。戦国時代に開発され、江戸時代には幕府の直轄領となる。明治以降は銅も産出。明治初期に起こった震災により被害を受け、1923年に閉山。2007年、銀鉱山跡とその鉱山町、銀の積み出し港とそれらをつなぐ街道などが、ユネスコにより「石見銀山遺跡とその文化的景観」として世界遺産の文化遺産に登録される。

しめ縄
初夢まくら
  • 品切

    【群言堂】初夢まくら

    芳香剤

    【群言堂】初夢まくら

    上品な香りで一年の幸運を占う。新年の夜にまくらの下に忍ばせたい初夢まくら
    810円(税込)

TOPへ戻る