海外発送/国際配送サービスの転送コム
【北村妙子】ガラスの急須 クリア

ガラスだから楽しめるお茶の色と葉
クリアな急須がティータイムを特別にする

リンネル×大人のおしゃれ手帖×藤巻百貨店
推薦人・西山千香子さんのコメント
「以前から気になっていた京都在住のガラス作家・北村妙子さんの作品。耐熱ガラスで作られていて直火にもかけられるので、お湯を沸かしてそのままお茶を淹れられるところがすごく便利です。落ち着いたアンバー色とクリアガラスの組み合わせの、どこかレトロなデザインはどんなお茶にもよく合います。ガラスなので、ハーブティや中国茶などの茶葉を眺めながらゆったりした気分でお茶の時間が楽しめるようになりました」◆にしやま・ちかこ/『リンネル』『大人のおしゃれ手帖』編集長。心地よい暮らしを提案する『リンネル』、40~50代のライフスタイルマガジン『大人のおしゃれ手帖』の編集長を兼任。器、おいしいもの、雑貨、旅行が好き。

【北村妙子】ガラスの急須 クリア

■直火OK! 理科でおなじみ「ガラス管」で作る日用品
京都で制作を行うガラス作家・北村妙子さんのアイテムは、一目見たら忘れられない深い印象を残す。おおまかなスケッチを元に作り始めるが、作りながら自らが心地よいと思う形にどんどん変化させていき、北村さん自身の目や感覚が「良い」と思うその姿は、独特ながら虜になる人が多数。たっぷりとしたガラスの質感やニョキッとした管の造形は、ガラス管をバーナーで溶かして成形する「バーナーブロー」という技法によるもの。きれいな球体を吹けるようになるまで10年かかるといわれている難しい技術だが、シャープな曲線や細かいディティールの表現が可能で、さらに耐熱ガラスを使用していることから硬く、直火にかけることもできる。美しさと実用のどちらにも長けているこの技法は、北村さんのオリジナリティを発揮する柱となっている。

【北村妙子】ガラスの急須 クリア

■開く葉と紅茶の色を愛でる時間を
「ガラスの急須」にはクリアとamberの2種があり、色だけでなくそれぞれ少しだけ形も異なっている。クリアは、amberの急須を見たカ方からの「お茶の色味がより見えるようにクリアで作って欲しい」というリクエストを受けて作ったもの。ひだのある蓋の形やつるんとしたボディはクリアならではのポイント。赤やオレンジといった紅茶の色、日本茶の緑色、ハーブティーや中国茶の葉が開いていく様子をはっきりと見ることができるのは、陶器のポットでは叶わないガラスだけの楽しみ。茶葉が詰まらないように太めに作られた注ぎ口は特に印象的。口はカットではなくバーナーで溶かして成形しているため水切れも良い。透明な姿は屋外でのティータイムにより似合いそうなので、庭でお茶を楽しむ際のお供としていかがだろう。手作りの人気アイテムのためお届けまで時間をいただくが、それでも使いたいと思わせてくれる急須だ。


本商品は人気商品につき、「予約販売・受注生産アイテム」となります。通常商品と発送時期が異なるため、一度のご注文でその他の商品と同時にご購入いただくことはできかねます。あらかじめご了承いただけますようお願い申し上げます。(ただし同じく「予約販売・受注生産アイテム」で、同時期に発送予定のものは除く)




急須

【北村妙子】ガラスの急須 クリア

10,800円(税込)
送料: 通常配送 540円(税込)  詳細
発送: 手作りの人気アイテムのためお時間がかかります。2017年11月中旬より随時発送の予定(場合によっては発送が早まる可能性がございます)  詳細
ご購入数:

※本商品は「予約販売・受注生産アイテム」となります。通常商品と発送時期が異なるため、一度のご注文でその他の商品と同時にご購入いただくことはできかねます。あらかじめご了承いただけますようお願い申し上げます。(ただし同じく「予約販売・受注生産アイテム」で、同時期に発送予定のものは除く)

アイテム詳細

発送: 2017年11月中旬より随時発送の予定
※入手困難な商品のため、予約販売にて承っております。入荷・発送が2017年11月中旬となる旨、ご了承ください。
※ご予約商品のキャンセルはできません。ご了承ください。

【クレジット決済でご購入のお客様へ】
※決済が商品のお届けよりも先になる場合がございます。ご了承ください。

素材:耐熱ガラス(パイレックスガラス)
サイズ:H約15cm×W最大約22cm、容量約500g
重量:195g

ご注意

※耐熱温度は200度です。
※調理の際は水滴をぬぐい、途中で差し水をする時は冷水を避けてください。またガラスの部分が熱くなっているときはタオルや鍋つかみをご使用ください。濡れたふきんで触れたり、濡れたところに置くと割れることがあります。
※空だきしないようご注意ください。
※加熱はする際は器具を火の中心に置き、弱火~中火でご使用ください。加熱中は顔や手などを近づけないよう、火傷にご注意ください。
※コンロの径によって置けないものもありますので、その場合は網や鉄板を敷いて安定した状態でご使用ください。
※調理の際、金属製のマドラーなどのご使用は避け、木製や樹脂製の器具と併せてご使用ください。

お手入れ方法

※洗浄の際は研磨剤入りたわし、金属たわしなどのは使用しないでください。重曹やクエン酸にお湯を加え、つけ置きしていただくと汚れが落ちやすくなります。

同ブランドのその他アイテム

このアイテムを見ている人は、こんなアイテムを見ています

このアイテムのレビューを投稿する レビューとは?

レビューを投稿するには ログインしてください。

TOPへ戻る