おかげさまで5周年、限定アイテム登場

海外発送/国際配送サービスの転送コム
【JIZAING×INDEN】印鑑ケース(グリーン革×黒漆)

藤巻百貨店別注の“グリーン革”印伝
印鑑ケースで魅せる小粋

【JIZAING×INDEN】印鑑ケース(グリーン革×黒漆)

■希少性の高い“グリーン革”の印伝を別注!
鹿革に漆で柄付けを施した革の伝統工芸品の印伝。江戸時代、遠祖上原勇七(現十三代)が鹿革に漆付けをする独自の技法を創案。これが甲州印伝の起源といわれる。以後、「印傳屋 上原勇七」が代々技術を伝承し、進化を続けてきた。光の当たり方で微妙な明暗ができ、変わる表情が楽しめるのが印伝の魅力。特に藤巻百貨店別注で作った「グリーン革×黒漆」は2015年の登場以来、大人気を誇るアイテム。さらに2016年からは、ややベージュがかったホワイトが明るくさわやかな印象を与える「白漆」バージョンも仲間に加わり、クールなイメージの「黒漆」と好対照の2本柱となった。同社の専務取締役・上原伊三男氏によれば、「緑色を出すには青や黄色などたくさんの染料を使用する必要があり、調合が難しい」という。実はとても希少なカラーの別注アイテムなのだ。

【JIZAING×INDEN】印鑑ケース(グリーン革×黒漆)

■手作業で刷られる3種の伝統柄
他の色と同様、グリーン革の印伝も「印傳屋 上原勇七」により手作業で作られる。高度な技術を必要とする印伝の漆付け技法は、和紙を手彫りした型紙を使用し、染色した鹿革に重ね、その上からヘラで漆を丁寧に刷り込んでいく。均一で美しい漆の立体感は究極の職人技だ。繊細な技から生まれる文様は、「小桜」、「とんぼ」の伝統の2柄に加えて、白漆のみ「青海波(せいがいは)も加わる。「小桜」は桜の華やかさ、潔い散り様から“精神の美しさ”を表し、桜好きな日本人の心に響く小紋柄。「とんぼ」は前にしか進まない虫なので、戦国武将たちの間では“勝ち虫”ととらえられ、鎧や装束の柄にも使われていたという勇ましい柄。「青海波」は海がもたらす恵みを呼び起こす縁起柄。どの柄も時間が経つほど漆の色が冴えて、深みのある落ち着いた光沢へと変化する。

■印鑑のケースひとつで好印象を与えよう
起毛した鹿革のフワフワとした柔らかさと、表面にのせた光沢のある漆の質感。印伝は他のレザーアイテムにはない独特な表情がある。財布や名刺入・小物入など日用品に仕立てられ、和の要素を簡単に取り入れられるアイテムとして人気が高い。印鑑は銀行や役所などで使う頻度が高く、持ち歩くことが多いもの。専用の印鑑ケースがグリーン革仕立ての印伝なら、見る者に小粋な印象を与えられそうだ。ミニサイズの朱肉スポンジが付属しているので、捺印が必要な時にさっと使える。留め金を外して印鑑を押し、パチンと留めて納める。そんな日常の所作を、緑をまとった日本の伝統柄とともに。

印鑑ケース

【JIZAING×INDEN】印鑑ケース(グリーン革)

1,512円(税込)
送料: 通常配送 540円(税込)  詳細
発送: 通常5営業日ほど(土日祝を除く)  詳細
ご購入数:
デザイン  

カートに追加されました。

お買い物を続ける

カートへ進む

エラーです。

閉じる

カートへ進む

デザイン

  • 【JIZAING×INDEN】印鑑ケース(グリーン革)
    黒漆・小桜柄
  • 【JIZAING×INDEN】印鑑ケース(グリーン革)

  • 【JIZAING×INDEN】印鑑ケース(グリーン革)
    黒漆・とんぼ柄
  • 【JIZAING×INDEN】印鑑ケース(グリーン革)

  • 【JIZAING×INDEN】印鑑ケース(グリーン革)
    白漆・小桜柄
  • 【JIZAING×INDEN】印鑑ケース(グリーン革)

  • 【JIZAING×INDEN】印鑑ケース(グリーン革)
    白漆・とんぼ柄
  • 【JIZAING×INDEN】印鑑ケース(グリーン革)

  • 【JIZAING×INDEN】印鑑ケース(グリーン革)
    白漆・青海波柄
  • 【JIZAING×INDEN】印鑑ケース(グリーン革)

ディテール

アイテム詳細

仕様:長さ6cm×Φ1.4cm以下の印鑑が収納可能。口金で開封。朱肉スタンプ付き
素材:表/鹿革、漆  内側//鹿革
サイズ:縦約85mm×横約30mm×最大厚さ約20mm
重量:16g
梱包サイズ:縦102mm×横40mm×厚さ約25mm

※濡れた場合はこすらずに、乾いた布で軽くたたいて水分をとり、陰干しにしてください。ベンジン、クリーナー、ワックスでの汚れ落としやツヤ出しはなさらないでください。
※漆は長期間のご使用中に割れたり剥がれたりすることがあります。また、強く折り曲げたり、引っ掻いたりした場合も同様です。
※鹿革は角ズレなどによる傷があり、自然の模様として活かされます。
※鹿革は一枚ごとに性質が微妙に異なるため、浸染による色調に多少差異が生じます。
※水ぬれや摩擦などにより、衣服に色移りすることがあります。

このアイテムのレビュー

みんなのおすすめ度

(星 4.57)

おすすめ度
2017/03/30 23:31:58
おすすめ度
2017/01/28 13:56:48
おすすめ度
2016/12/23 14:55:59

このアイテムを見ている人は、こんなアイテムを見ています

このアイテムのレビューを投稿する レビューとは?

レビューを投稿するには ログインしてください。

TOPへ戻る