「藤巻百貨店 日本酒倶楽部」始動!アンケート回答で500円クーポン

海外発送/国際配送サービスの転送コム
【島倉堂】コーヒードリップケトル

ドリップケトルで一杯の価値が変わる
燕で240年、「鎚起銅器」で淹れるコーヒー

【島倉堂】コーヒードリップケトル

■一級の日用品「鎚起銅器」で豊かさを
一枚の銅の板を叩いて、まさかこの形が完成するなんて想像できるだろうか? そんな造形の驚きと、青みがかった色合いが魅力の日用品が「鎚起銅器(ついきどうき)」。金属加工において世界にその名を轟かせる新潟県燕市に、240年前から脈々と伝えられてきた伝統技術を駆使して作り上げられる。今回の「コーヒーアイテム」を手掛けるのは、親子二代にわたり鎚起銅器の伝統と技術を受け継ぐ「島倉堂」の島倉政之氏。氏自身も愛用しているコーヒーポットと豆入れは置いてあるだけでも様になる。しかし、いざ使ってみれば実感できるはずだ。なんでもない毎日の中でちょっとした特別感を得るとは、こういうものを使う時間のことを指すのだということを。本当の「一級品」は、やはり何かが違うのだ。

【島倉堂】コーヒードリップケトル

■独自の道具と技術からは、一点モノしか生まれない
政之氏の父である島倉板美氏は鎚起銅器の雄として名高い「玉川堂」で15年の修業を積んだ後、退社。溶接業を営みつつ銅器を作るため準備に時間をかけ、その後「島倉堂」として開業した。銅板に焼きなましを加え、“鎚”で叩いて“起”こすことからその技術が名付けられたといういわれのとおり、工房にはカンコンと高い音が響き渡っている。設計図もなしに、経験と勘を頼りに作り上げてゆくその技術を習得するには最低でも10年の修行が必要と言われる。完璧なフォルムを追求することから鎚起の道具さえも手作り。特徴的な表面の細かな凹凸は、銅板を一回一回鎚で叩いた証であり、大量生産の工業製品にはない手作りの温かみがそこに感じられよう。

【島倉堂】コーヒードリップケトル

■一生かけて味わい尽くす、この「青」の変化
もう一つの特徴は、青みがかった本体の深い色合い。銅の地金とは異なるこの色は、製品の形を作った後、表面に錫を溶着させ青銅の合金層を作ってから、硫化液などの独自の溶液に浸し磨くことで生まれるものだという。そのときの気候など諸条件によって微妙に出る色に違いがあり、一点一点の個体差は手作りの賜物として味わい深い。そしてそれらは革製品のように、使い込むことで独特の「経年変化」をもたらし、古色を帯びた風格を備えていく。へこみや表面の色直しなど修理も可能なため、手入れをすれば文字どおり“一生モノ”として長い時間付き合っていけるのだ。

【島倉堂】コーヒードリップケトル

■最高の道具で淹れるコーヒーはうまい
鶴の首のようにニョキッと突き出た細い口。その先は鋭く作られており、コーヒーをハンドドリップで淹れる方ならお湯のコントロールのしやすさが見ただけでわかるのではないだろうか。お湯をポタ、ポタ、と一滴ずつ落とす、糸のように細く垂らす、お湯を切る(止める)、それを自分の加減で自在に操ることができるドリップケトルはありそうでなかなかない。コントロールのしやすさは造形によるものであり、それは島倉氏のハンドメイドだからこそなせる技だ。取手には藤を巻き付け、蓋のつまみには木材を使用することで、熱いお湯を入れても手に伝わりにくいように考慮されている。同じ島倉堂の「コーヒー豆入れ」とお揃いにすれば、見映えがよく調和のとれた「鎚起銅器の棚」が完成する。コーヒーの器具にこだわりたい方や、市販のものがどれもしっくりこない方には、こんなアイテムがおすすめだ。

コーヒーポット

【島倉堂】コーヒーポット

69,120円(税込)
送料: 通常配送 540円(税込)  詳細
発送: 通常3営業日ほど(土日祝を除く)  詳細
ご購入数:

ディティール

  • 【島倉堂】コーヒードリップケトル
  • 【島倉堂】コーヒードリップケトル
  • 【島倉堂】コーヒードリップケトル
  • 【島倉堂】コーヒードリップケトル
  • 【島倉堂】コーヒードリップケトル

個体差があります

  • 【島倉堂】コーヒードリップケトル
  • 【島倉堂】コーヒードリップケトル

一点一点手作りで製作しているため、個体によってやや色や形が異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。

アイテム詳細

素材:銅
容量:0.7L
サイズ:胴径11cm×胴高12.5cm
生産国:日本

※空だきをしないでください。表面の変色・水漏れの原因になります。
※縁まで水を満たした状態で使用しないでください。
※本体・取っ手・ふたが熱くなります。必要に応じてキッチングローブなどをご使用ください。
※初めてのご使用の前には、台所用中性洗剤で手洗いしてください。銅はやわらかい金属ですので、やさしく洗ってください。
※ご使用後は水洗いしていただき、油汚れなどでは、中性洗剤で手洗いしたあとよく水洗いし、特に外面をタオルなどで水気を取りながら拭き上げて乾燥させてください。
※本体内面の錫(スズ)は、水気を残したままにしておきますと、金属の性質上黒ずむことがありますが、人体には無害です。落としたい場合は、クレンザーをスポンジにつけて磨いてください。(あくまでも内面のみです)
※長期間の使用により、内面の錫引きが落ちてなくなりますが、そのままお使いいただいて人体にまったく影響はありません。安心してご使用ください。
(銅は体に必要な成分で、乳児用粉ミルクにも配合されています)

このアイテムのレビュー

みんなのおすすめ度

(星 5.00)

おすすめ度
2017/11/11 19:45:43

このアイテムを見ている人は、こんなアイテムを見ています

このアイテムのレビューを投稿する レビューとは?

レビューを投稿するには ログインしてください。

TOPへ戻る