おかげさまで5周年、限定アイテム登場

海外発送/国際配送サービスの転送コム
【島津薩摩切子】猪口typeA

日本人の美意識に自然と馴染む“藍”と“緑”のクリスタルガラス
激動の歴史を経てなお愛らしく煌めく「薩摩切子」の復元猪口

【島津薩摩切子】猪口typeA

■豪華寝台列車でも使われる鹿児島を代表する伝統的工芸品
切子を通して乱反射する光と影が織りなす陰影。日本人の心を古から彩ってきた藍と緑の輝き。そんな小さな猪口の中に広がる色彩美を肴に、酒を愉しむ贅沢を味わえるのが「島津薩摩切子」の復元 猪口だ。かの篤姫の養父だった島津家28代当主・斉彬の命により発展した薩摩切子。独特の色のグラデーション「ぼかし」や「薩摩の紅硝子」と呼ばれた日本初の紅色ガラスなどが珍重され、篤姫の嫁入りの品になったことでも知られる。ところが、薩英戦争による工場の消失や斉彬の死によりわずか20年でその歴史は終焉。一時は幻となっていたが、島津藩の末裔である島津興業が「島津薩摩切子」として見事に復元し、今や鹿児島県を代表する工芸品の一つに。九州を走る豪華寝台列車や大河ドラマのオープニングでも使われ、その知名度は全国区だ。

【島津薩摩切子】猪口typeA

■島津家の末裔として想いを受け継ぎ進化させていく
一口に復元といってもその道のりは険しく苦難の連続。というのも斉彬が在位したのはわずか8年で、薩摩切子が作られていたのはその後も含めて20年余りと歴史が短い。さらに残された資料も少なかったため全てがゼロからのスタートだった。職人の手技を図録や文献のみで再現するのは不可能に近く、資料を元に角度や深さを変えて試作が繰り返されたという。また、斉彬が実現した色を復元するのにも苦心したそう。「当時の薩摩切子は設備も原料も限られた中で作られていましたので、たとえば“緑”といってもモノによって色味が異なり、発色が不安定でした。数多ある緑の中から薩摩切子の伝統を受け継ぎつつも、現代のライフスタイルに即した緑はどんな色か。追求してようやくたどり着いたのがこの復元 猪口の“緑”です」(島津興業 有馬氏)。

■復元当時から愛される日本の美意識に響く藍と緑
「復元 猪口」はその名のとおり江戸時代に斉彬が作らせた猪口の復元品。最高級のクリスタルガラスに、六角籠目と十六菊紋という薩摩切子を代表する伝統的な柄を配している。ぽってりと見えて実は口元の内側に角度をつけることで飲み口を良くしているのはデザインの妙。深みがありどこかオリエンタルな雰囲気を醸す色ガラスが「ボカシ」と呼ばれる薩摩切子独自のグラデーションを一層美しく引き立てる。「藍」も「緑」も日本人にとって親しみ深く復元当時から愛されているカラー。「紅」や島津薩摩切子のオリジナルカラー「金赤」、「島津紫」、「黄」と色とりどりに並べればより食卓が華やぐ。かつては海外の要人や諸大名への贈答品として珍重された美術工芸品を日常使いできるのは、現代に生きる私達だからこそ味わえる愉悦だ。幕末の人々が感じた感動をなぞり、その歴史に思いを馳せながら酒杯を傾けたい。

猪口

【島津薩摩切子】猪口 typeA

24,840円(税込)
送料: 通常配送 540円(税込)  詳細
発送: 通常3営業日以内(土日祝を除く)  詳細
ご購入数:
カラー  

カートに追加されました。

お買い物を続ける

カートへ進む

エラーです。

閉じる

カートへ進む

カラーバリエーション

  • イメージ

  • イメージ

ディティール

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

アイテム詳細

素材:クリスタルガラス
原産国:日本
本体サイズ:胴径6.2cm、高さ5.2cm
箱サイズ:横9cm×高さ9cm×奥行き9cm ※木箱入り
満水容量:約105cc

使用上の注意
※食器用洗剤を溶かした、ぬるま湯に浸し、スポンジか柔らかい布で丁寧に洗います。カット面は時々柔らかいブラシで洗ってください。
※ぬるま湯で充分にすすいで乾いた布の上に伏せて水を切り、乾ききらないうちに大きめの布で良く水気を拭き取ってください。
※布でくるむようにして、指や手のひらが直接触れないように磨いてください。
※収納に際しては皿や鉢は紙か布を間にはさみ、ガラスどうしが直接あたらないように注意してください。傷や破損の原因になることがあります。
※クリスタルガラスは耐熱性強化ガラスではありません。
急冷急熱には大変弱いため、常温または冷却した器に熱湯を注ぐことのないようご注意下さい。
また、氷水を突然注ぐなどは避けて、水を注いでから氷を入れるようにご注意下さい。

同ブランドのその他アイテム

このアイテムを見ている人は、こんなアイテムを見ています

このアイテムのレビューを投稿する レビューとは?

レビューを投稿するには ログインしてください。

TOPへ戻る