お盆期間中のお届けについて

海外発送/国際配送サービスの転送コム
【但野硝子加工所】縞ロックグラス

縞模様に削がれた漆黒の窓に光の菊が咲き誇る
気鋭の作家、但野英芳氏の黒切子ロックグラス

【但野硝子加工所】縞ロックグラス

■光を捉えて窓に覗く鮮やかな菊の文様
ブラッグラインの行く先に水玉のような窓が扉を開く。その窓を覗くと、一面に光の花が開いて、まるで万華鏡のようだ。東京江東区に工房を構える但野硝子加工所の江戸切子。作家・但野英芳氏の圧倒的な技術で刻まれた江戸切子は、繊細かつ華麗。植物や動物などをモチーフにした江戸切子は、アシメトリーなデザインが多い江戸切子の中で個性を放つ。シンプルに見えるこのグラスは、一見すると彼の今までのデザインとは違った印象を持つ。しかし、サイドに大きく削ってできたいくつもの窓に無数の花が映りこむ緻密なデザインは、但野氏の“らしさ”のあふれる。この作家が、他の切子師からも一目置かれ、「気鋭」と呼ばれるゆえんだ。

【但野硝子加工所】縞ロックグラス

■建築家出身、気鋭の作家但野英芳氏
但野氏の現代的なデザインと細やかなな手仕事には、ルーツがあった。「父が江戸切子作家で、幼少時代から江戸切子は身近な存在でしたが、じつは全く興味がありませんでした」(但野氏)。建築の道にすすみ、設計事務所に就職。建築物のデザインをひく毎日を送っていたある時、父がコンクール用に作った江戸切子の輝きを目の当たりにする。同じものがふたつとない、ものづくりの素晴らしさを知り、会社を辞めて父のもとへ弟子入りした。しかし、ただ「伝統工芸を継ぐ」という意思はなかった。伝えるだけでは新しいものはできない。但野氏は自分が表現したいものを形作る方法として、切子を選んだ。

■漆黒に光を注ぐ研ぎ澄まされた技
「グラスの切り出しよりもデザイン案を考えるほうがより時間がかかりますね」と但野氏は語る。底に大きく入った菊の花。サイドから覗くと花が咲き誇るような風景を見せてくれるが、その彫り込みがたった一輪だというのに驚く。その秘密は底の厚みだ。しっかりと厚みをを取ることで花の全体を写しこみ、大小24の窓に届ける。光をたっぷりと取り込むため、花の一輪一輪がキラキラと輝くのだ。実は、漆黒のガラスから切り出す黒切子は、光を通さないためどこに刃が当たっているか分かりづらく、手に伝わる削る感覚と音を頼りに削っていかなくてはならない。シンプルだからこそ妥協が許されない、まさに職人の技とデザイン性が凝縮された逸品といえる。

■江戸切子を“日常”にする自分時間
このロックグラスに大き目の氷をたっぷりと入れて、焼酎やウィスキーなどを飲む時間を想像してみてほしい。モノトーンのシャープな佇まいはテーブルの上をモダンに演出し、入れた酒の色を透過して手に持っているだけで様になる。一人ガラスを傾ければ、大人の男のダンディズムが漂う。自分用にはもちろん、酒を楽しむ大切な人へのプレゼントにも最適だ。伝統工芸品と聞くと見て愛でるものという印象を持つ人も多いだろう。しかし、いい器を気軽に楽しむように、江戸切子を日常使いするのはなんとも粋だ。現代人の暮らしに馴染むデザインのこんなロックグラスならなおのこと。夜のひと時が、ちょっと贅沢な時間になるだろう。

ロックグラス

【但野硝子加工所】縞ロックグラス

14,040円(税込)
送料: 通常配送 540円(税込)  詳細
発送: 通常3営業日以内(土日祝を除く)  詳細
ご購入数:

アイテム詳細

製造国: 日本
素材:ソーダガラス
サイズ:口径8.8cm、高さ9.8cm

※職人による手作りのため、商品によってサイズは若干の誤差がございます。あらかじめご了承ください。
※表示画像と実際の商品の色味は、お客様のモニターの状態や環境光等によって違って見える場合があります。
※素材の特性上、温度差にとても弱い商品です。
※割れてしまうおそれがあるため、熱いお湯(40℃以上)は注がないでください。
※電子レンジや食器洗浄機・乾燥機はご使用いただけません。

このアイテムを見ている人は、こんなアイテムを見ています

このアイテムのレビューを投稿する レビューとは?

レビューを投稿するには ログインしてください。

TOPへ戻る