海外発送/国際配送サービスの転送コム
【公長齋小菅】網代名刺入れ

日本の伝統工芸×イタリアの職人技
網代編みが鈍く光る名刺入れ

【公長齋小菅】網代名刺入れ

■100年を超える伝統に、革新的なセンスが光る
1898年の創業以来、竹工芸を一貫して扱い、製品を皇室にも納めてきた歴史と実績を持つ「公長齋小菅」。“伝統とは革新の連続である”という信条のもと、現代の生活に合った竹工芸品を提案すべく常に竹の価値を高めるための挑戦をし続けるメーカーだ。数百年の歴史を持つ日本の竹工芸の技術を駆使し、竹を割り、削り、編み、漆を塗るという長い工程工程を経て製品は生まれるが、そこに「公長齋小菅」独特のセンスが加えることにより、他のメーカーにはないエレガントな雰囲気をまとう竹工芸品になる。漆は使い込むことによってツヤが増し、色が冴え、育てる楽しみも。日本発のラグジュアリーな伝統工芸を楽しんでほしい。

【公長齋小菅】網代名刺入れ

■日本とイタリアの感性が溶け合った逸品
常に革新性を追い求める「公長齋小菅」が、竹工芸の新しい姿を提案すべく皮革との融合を図った製品を生み出した。自分たちの竹素材にマッチする革と高い技術を求めた末に、イタリア・フィレンツェの工房と手を組んで実現したという日伊合作の逸品だ。伝統的な技法である網代編みの竹パネルを完成させイタリアに送り、革小物に仕込むという工程を踏んで作られる。竹と革を同時に縫うのはとても困難で、デリケートに扱わなくてはならない。竹の染めに合わせた革の色にするべく、何度もイタリアの皮革メーカーとやり取りをし、絶妙なカラーを実現したという。「公長齋小菅」の高い要求に応えられる確かな技術を持つ工房により、竹×漆×革という唯一無二の色気を感じるアイテムが完成した。

■コミュニケーションツールにも使える網代編み
なまめかしく光る、漆の独特な質感が魅力の本シリーズ。「網代名刺入れ」は、独特な感触が楽しめる網代編み素材を気軽に持ち歩けるアイテムだ。名刺入れは意外と人に見られているものなので、漆で仕上げた網代編みのスタイリッシュなイメージは好印象を受けそうだ。外国人と仕事をする方には、ご挨拶時にチラリとみせれば「それは何?」とコミュニケーションが始まるツールとしても活躍しそう。名刺を約35枚収容でき、クレジットカードやポイントカードのケースとしてもおすすめ。カードが2枚入るスリットがあるので、交通系ICカードを入れればパスケースとしても使えそう。漆は手の脂によりさらにツヤが生まれ、革は奥深い色になるなど、長く使うほど風格が増す。漆と革を少しずつ育てる楽しみを味わいたいケースだ。

名刺入れ

【公長齋小菅】網代名刺入れ

37,800円(税込)
送料: 通常配送 540円(税込)  詳細
発送: 通常5営業日ほど(土日祝を除く)  詳細
ご購入数:
カラー  

カートに追加されました。

お買い物を続ける

カートへ進む

エラーです。

閉じる

カートへ進む

カラー

  • イメージ
  • イメージ

ディテール

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

使用イメージ

  • イメージ
  • イメージ

アイテム詳細

素材:天然竹(染色後漆塗装)・牛革
アイテムサイズ:縦7.2cm×横10.7cm×厚さ1.3cm
梱包サイズ:縦9.6cm×横12.3cm×厚さ3.1cm
本体重量:40g
仕様:カード入れ×2か所、スリット×2か所

※通常のお手入れは、綿布などで軽く拭いて下さい。
※竹の性質上、繊維のささくれが出ることがあり、指や皮膚を傷つけることがありますのでご注意ください。
※竹は染色加工をしておりますので、直射日光や照明により退色しますが、経年変化の味わいの一つとしてお楽しみください。
※皮革は自然浸透法による染色で仕上げられていますので、水濡れ、油、直射日光などはシミや変色の原因となる場合があります。
※本製品は植物タンニンでなめした風合いが豊かで、丈夫な革を使用しております。使い始めは革が硬いため、閉じづらい状態になっていますが、徐々に革が柔らかくなり、自然に閉まるようになります。

このアイテムのレビュー

みんなのおすすめ度

(星 5.00)

おすすめ度
2016/03/07 12:51:50

このアイテムを見ている人は、こんなアイテムを見ています

このアイテムのレビューを投稿する レビューとは?

レビューを投稿するには ログインしてください。

TOPへ戻る