海外発送/国際配送サービスの転送コム
イメージ

江戸切子の中でも希少な「黒」
haku硝子の市松模様で酒を飲む愉悦

イメージ

■あの人気作家「haku硝子」の黒が新登場
藤巻百貨店の江戸切子ラインナップの中でも屈指の人気を誇るのが「haku硝子」の切子だ。他の作家とはどこか違う印象を受けるのは、アプローチの違いだろうか、デザインを見るだけでhaku硝子だとわかる瞬間がある。このたび、藤巻百貨店の7周年を記念して、超希少な「黒」の切子を取り扱い開始! 初登場となる「ichimatsu」は、文字通り市松模様をデザインベースにした切子であり、透き硝子と黒との交互に繰り返す表情の違いが楽しめる逸品。対称的になりすぎずにカットするのはhaku硝子の真骨頂だ。形も他ではあまり見ないタイプなので、ぜひコレクションに加えてみて。

イメージ

■気鋭の若手、その独特の切子の表現
haku硝子の三田村義広さんは2010年に独立、業界でも若手の作家。家業を継承することが多い伝統工芸の世界で、全く関わりのないところから江戸切子の魅力に惹きつけられた人物だ。「自分の手でものを作り出したい」と、大学を卒業してから職人の世界へ。他とは違うものを感じたという根本硝子工芸を修業先に選んだ。そこで最も学んだことは、作家性に重きを置きすぎないことだったという。「オリジナリティを発揮することが第一ではなくて、まずものとしていいものを作るということ。独特だけどヘンなものというのは本末転倒で、いいと思ったものは取り入れる柔軟な姿勢は今も忘れてはいない」と自身のスタンスを語る。その上で、どうしても出現してくるもの。それが三田村さんのオリジナリティだ。

イメージ

■縦長の市松模様が織りなすガラスの芸術
普通、市松模様と言えば正方形が並ぶ姿をイメージするが、ここではグラスの真ん中を境に縦長に切り出して、上下にリズムを感じるデザインにしているのが新鮮だ。面の周囲には溝を掘り、その中央は「ケシ」と呼ばれる技法で、あえて磨かずにすりガラスを残して、見た目を引き締める工夫を施す。上半分の黒と交互に「菊繋ぎ文」がびっしり。対して下半分では透き(透明)のまま。異なる面の表情が次々と顔を出し、その違いを楽しむ見方ができる切子なのだ。

イメージ

黒はウィスキーと相性抜群! 持ちやすい形も◎
下に向かって細くなる逆円錐形をしたこちら。オールドグラスと同じように使えるのだが、この形のおかげでガシッと持たなくても支えられ、女性の手でも安心して持てるのがウリだ。黒の切子はウィスキーと見た目の相性が良く、黒と琥珀色の饗宴を見守りながら晩酌を楽しみたい。口の広い天開型のグラスで、華やかな香りが取りやすいのもいいところだ。江戸切子職人の手技に思いを馳せ、切り出された黒いグラスで酒を飲む。その愉悦を覚えてしまったら、もう元には戻れない。

ロックグラス

【haku硝子】ichimatsu

21,600円(税込) 4/28(日)10:00より発売開始
送料: 通常配送 637円(税込)  詳細
発送: 通常3営業日ほど(土日祝を除く)  詳細
ご購入数:
実店舗の在庫を確認する

<銀座店>

※店舗の在庫は正確ではない場合がございます。
詳細は銀座店までお問い合わせください。

<富山店>

※店舗の在庫は正確ではない場合がございます。
詳細は富山店までお問い合わせください。

アイテム詳細

【ロック】
素材:ソーダガラス
サイズ:Φ87xH88mm
容量:約210ml
日本製

同ブランドのその他アイテム

このアイテムを見ている人は、こんなアイテムを見ています

このアイテムのレビューを投稿する レビューとは?

レビューを投稿するには ログインしてください。

TOPへ戻る